ジャズが戻ってきた!!

  • 2017.03.26 Sunday
  • 14:48

年が明けてからさらに傾向が強まったのだが、家にいる時は居間のTV(TVスティックに接続)でyoutubeのジャズを流していることが多くなった。半世紀前に高校を卒業して、一年遊んでしまったのだが、専門学校に行くために田舎から上京した。まもなく、友人がアルバイトをしていたジャズ喫茶がキッカケとなりモダンジャズを聴くようになる。

 

店のオーナーの嗜好だったと思うのだがよくコルトレーンが流れており、田舎の子にとっては妙な音楽だなと思いながらも、徐々にその不思議な魅力に惹かれていった。二十代の初めから終わりに結婚するまで、モダンジャズはじぶんの生活の中で大きな比重を占めるようになっていた。当時はLPレコードだったがレコード店を覗くのが楽しみの一つだった。

 

 

LPレコードは当時二千円前後、じぶんにとって安価なものではなかったので買えるのは限られており、二十代に買ったLPレコードは全部で100枚程度だったと思う。コレクターの部類には全く入らない程度のものだ。LPレコードの購入は限られ、その代わりに新宿、渋谷のジャズ喫茶によく通った。ドリンク一杯で二〜三時間を過ごす。

 

後に新宿のピットインなど、生演奏のジャズクラブにも行くようになった。年に一、二回は大会場のコンサートにも出かけた。しかしジャズ喫茶もジャズクラブも出かけるのは一人だった。知人と一緒だったのはほんの数えるほどの記憶しかない。一人で飲むことはなかったが、ジャズはほとんどアローンだったのである。読書に近い行為だったのではなかったかという気がする。

 

二十九で結婚した。今思えばこの頃からジャズ離れが始まり、子どもが生まれてそれが加速する。それからずっとジャズとは縁の薄い生活が続く。立ち寄った施設のBGMでジャズが流れていたりするとちょっと聞き耳をたてたり、ショップでジャズのCDを見つけ思い出したように買ってみたりしたが、気持ちを入れて聴くことはなかった。

 

それが、youtubeで音楽を視聴できることを知り、初めはPCでBGMとして使うようになった。さらにTVスティックを接続してからは使い易さが向上し、いろんな音楽コンテンツを試してみるようになった。アマゾンによればyoutubeでは数百万の音楽コンテンツが利用できるという。

 

そして、ジャズを検索して驚いた。昔聴いたLPアルバムやら、色んなジャズフェスティバル、コンサートの録画やらが満載なのである。これらのジャズを聴き始めて再発見したのは、イージーリスニング曲より本格的に演奏しているハードな曲の方がじぶんにとってはBGMに向いているということである。

 

 

ジャズ、特にバップ以降のものがいいのだが、今、じぶん一人の空間を満たすにはジャズが最適であることが分かった。何かをしながら聞くのにピッタリなのだ。読書、作業のジャマにならない。むしろ何らかのパワー?がもらえる感覚がある。しかも不思議なのは、BGMとして流しておきながら曲に集中しようと思えばそれが可能で、またBGMに戻せるのである。じぶんにとって他にこんなジャンルは見当たらない。

 

ジャズが戻ってきた!!

 

とは言え、これは螺旋の戻りで二次元で同じ位置でも三次元では異なるの例え、二十代のじぶんと今のじぶんが同じの道理はなく、この後にジャズから受ける生理的、心理的影響もあの頃とは随分と異なるのではないかと考えている。これから先どうなるのかは皆目見当がつかない。

 

三日ほど前から、マイカーのオーディオHDに手持ちのジャズCDのセーブを始めた。しかし手持ちは十枚ほどしかないので、後はレンタルCDである程度の枚数をセーブしようと考えている。マイカーがジャズ喫茶になる。二十代の独身時代には持てなかった環境だ。老後は芸術性と宗教性が頼りなのだ、と又じぶんに言い聞かせる。

 

関連投稿: タモリと戦後ニッポン、と私 (2016/02/29)
           好きな音楽と絵 (2012/04/10)

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM